賃貸を借りる際の仕組み|安定の収入が見込める:家賃保証について学ぶこと

安定の収入が見込める:家賃保証について学ぶこと

住宅模型

賃貸を借りる際の仕組み

紳士

現代社会の背景ある制度

最近、賃貸保証会社を利用する所が増えています。簡単に言うと大家さんと借り主の間に賃貸保証会社が入り管理するものです。借り主は賃貸を借りる場合連帯保証人が必要でしたが、賃貸保証会社に家賃の0.3%〜1ヶ月分や数万円の固定費を賃貸保証会社に支払う必要があります。上京や実家から遠い場所に引っ越した時は知り合いもいない状態からスタートするため、連帯保証人を立てる手間が省けるメリットがあります。賃貸保証会社が普及した理由としては、社会全体の高齢化が進み連帯保証人が年金生活を送っていため家賃滞納した場合に払えないという状況が増えてきました。その状況を改善するため賃貸保証会社という制度が広がりつつあります。

保証がある安心感

大家さんにとっても賃貸保証会社が間に入る事で家賃滞納、クレーム対応など行ってくれるためトラブルに遇うことを回避できます。家賃滞納した場合は賃貸保証会社が大家さんや不動産会社に家賃を立て替えて支払うため家賃収入が確実に入ります。家賃が滞るのも様々で大半は口座にお金が入っていなかった理由が多く、中には失業や病気といった場合もあり事情を聞いた上で生活を立て直すお手伝いをする事もあります。賃貸保証会社に支払う金額が大きいほど保証内容は手厚くなります。人生の中で思いがけない出来事が起こる事があります。病気や怪我という理由で家賃滞納してしまい、住む場所を無くしてしまう事は精神的にも苦しくなってしまいます。そんな中で賃貸保証会社が立て替えをしてくれるため住む場所が無くならない安心感があります。