大家さんの仕事を委託する|安定の収入が見込める:家賃保証について学ぶこと

安定の収入が見込める:家賃保証について学ぶこと

住宅模型

大家さんの仕事を委託する

つみき

大家さんの仕事は

賃貸物件を不動産として持ち、副業でアパートなどを経営したりする人が増えています。賃貸物件の管理業務としては、入居者の斡旋や家賃回収、契約更新や退室時の手続き業務、トラブル対応や建物、設備の点検、管理、清掃など、たくさんの業務があります。これらの賃貸管理を自主的に行うシステムなのが、いわゆる大家さんです。オーナーである大家さんは賃貸物件に関するあらゆる業務を行いますが、業務のいくつかを管理業者に依頼する人も多いです。例えば、清掃会社、リフォーム会社などに業務を委託するのです。ただ、全部の業務をそれぞれの業者に委託するとコストが高くなる可能性があります。もうひとつ賃貸管理をするシステムとして、賃貸管理会社と契約し、面倒な賃貸管理、運営をすべて管理会社に任せるという方法があります。オーナーに負担がかからないので、最近はこのシステムを選ぶ人が増えています。

良い会社の選び方

良い賃貸管理会社を選ぶポイントのひとつは、入居者を募集する能力です。空室を埋めるまでの期間は会社によって異なり、空室が長くなると家賃が得られなくなるため、家賃収入が止まってしまうことになります。入居率を見極めるのがひとつのポイントです。また空室をなくしたい場合は一括借り上げという選択肢もあります。サブリースとも呼ばれていますが、その場合会社が物件を借り上げることになるので、空室があっても収入減のリスクを回避できます。全室分の家賃が借り上げ賃料として得られます。保証家賃の減額がある場合もありますが、安定した収入が見込めるというメリットがあります。その他、トラブルやクレーム対応がしっかりしているか、滞納保証はどのようになっているかなど、契約内容をよくチェックすることが大切です。