安定の収入が見込める:家賃保証について学ぶこと

紳士

大家さんの仕事を委託する

つみき

賃貸物件を経営することになると、入居者募集や設備点検、クレーム処理などの業務を行う必要があります。最近は大変な業務を委託できる、賃貸管理会社に管理や運営をお願いする人が多いです。オーナーに負担がかからないというのがメリットです。

詳細

建て替えを検討中なら

集合住宅模型

新居と一緒に賃貸ビジネス

家の老朽化にともない建て替えを検討している方も多くいることでしょう。最近では建て替えの際に、賃貸併用の住宅にしたいと考える方も増えてきました。現在は超低金利の時代ですので、賃貸経営に投資されるには絶好の時代といえます。賃貸併用住宅は所有地内に自宅も兼ねた賃貸マンションを建てる事で、お住まいの確保と同時に賃貸ビジネスが行えます。最近では建築段階から家賃保証サービスを契約して、賃貸併用ビジネスを始められる方が多くなってきています。家賃保証サービスは賃貸併用住宅が完成したら、賃貸物件の運営管理を第三者であるハウスメーカーなどに委託する事で、賃貸ビジネス未経験者でも安心の賃貸ビジネスが行えるサービスになっています。また、契約時に交渉により決められた月々の家賃保証額が、入居者の有無を問わずに毎月振り込まれるため、安定した家賃収入が保証される仕組みになっていて人気になっています。

入居者と直接関わらず

家賃保証システムを利用するメリットは、入居者との間に第三者であるハウスメーカーなどが入る為、何らかのトラブルなどが起きた場合には大家は直接、入居者と関わる事が避けられます。賃貸併用住宅では同じ敷地内に大家と入居者が居住しているので、日常で顔を合わせる機会もあると思います。何かトラブルがあった時は貸主と借主の立場では、どうしても顔を合わせるのが苦痛に感じてしまう事が双方にあるかもしれませんが、家賃保証システムを利用していれば、その様な心配もなく賃貸経営が行えます。委託管理をハウスメーカーなどに依頼して契約締結するには、委託先に支払う手数料や自身に保証される家賃収入を契約前に決定しますが、今後の建物の維持管理費なども考慮して、長期的な目で見て収支計画を立てる事が円滑に賃貸ビジネスを続けていくのに必要です。

マンション投資物件を買う

男女

理想的な収益物件を大阪で購入するときは選び方に独特の特徴があるので知っておきましょう。大規模修繕工事を行う必要もあるので大変です。しかし不動産屋を利用して管理してもらうことで収益物件管理が楽になります。

詳細

賃貸を借りる際の仕組み

紳士

賃貸アパートでは、賃貸保証会社を利用して契約を行なうところが多くなっています。連帯保証人という制度を使わず借りる側も手間が省け、大家さんも賃貸保証会社が入る事で安定した賃貸収入が得られるためメリットは双方にあります。

詳細